これが日本なら

海外で働くために、ある程度の語学力や技術力を身につけたとき、年齢という問題が出てきます。これが日本なら、年齢は就職活動をする上での重要な要素になりますが、海外の就職では、年齢はどの程度気になる事柄なのでしょうか。転職をすることが当たり前というくらい、しょっちゅう転職をする国がアメリカです。転職に対する考え方からすれば日本のほうが少数派なのかもしれませんが、それについては不明です。

平均でいうと、アメリカでは一生のうち3回から4回は仕事を変えますし、それ以上の転職を経験する人もいます。アメリカの人は、日本人よりも、何度も転職をすることが、普通のこととして見なされています。そのため、海外で就職する時に、転職の年齢上限を気にすることはなく、いつでも転職かできるということができます。一定年齢以下であることが日本で就職する時には非常に重視されており、差別ともいえるくらいです。

とはいえ、海外の就職は実力主義社会になりますので、年功序列という考え方もなく、何かのきっかけで雇用契約を解除されることもありますので、うかうかしてはいられません。一旦採用が決まれば、そうそう解雇されないことが日本のいいところで、将来的な基盤を固めることもしやすくなります。これが海外企業ならば、自分が会社に有用な人材であることを証明していられなければ、とたんに立場が怪しくなります。就職先を海外企業に求めている人は、年齢を気にかけることはありませんが、成果主義の中で働くことのほうが大事になります。

多重債務の無料相談