リカちゃん

押入れを整理していたら、「リカちゃん人形」が出てきました。娘たちは大きくなり、「リカちゃん人形」なんて、もうとっくに卒業していますが、押し入れに押し込んだままになっていました。

今は、どんなものがあるのかわかりませんが、娘がまだ小さい頃は、「リカちゃん」のおうち・・・「リカちゃんハウス」に始まり、いろいろなものが販売されていました。

娘が「リカちゃん」で盛んに遊んでいた時は、誕生日やクリスマスなど、プレゼントをもらえる時には、必ず「リカちゃん」に関係したものでした。

私が小さい頃は、まだ「リカちゃん」が出始めで、うちにとっては高価だったんですよ。(笑) 欲しかったですね。

女の子のあこがれの「リカちゃん」でしたから。母は、そんなことを知ってか知らずか・・・知り合いのお姉ちゃんから「リカちゃん」をもらってきてくれました。

うれしかったですね〜とっても♪お古なので、髪の毛はボサっとしてたし、顔も少し汚れていたんですけどね。(笑) 夢にまで見た?「リカちゃん」ですから。

娘に、「リカちゃんハウス」をねだられた時・・・嬉しかったですね。私は、買ってもらえなかったんですよ。

中身を開ける時の私は、ワクワクしていました。まるで、初めて「リカちゃん」を見た時のように(笑) もう遊ぶことはないけれど、やっぱり捨てられないもののひとつです。もう少し・・・しまっておこうっと。発毛の治療

娘が小さいころ

娘が小さいころ、よく熱がでたとかくしゃみが出たとかで通った住宅街の小児科があります。

上の娘が治ったと思ったら今度は下の娘の番です。

しかしあの小児科にはお世話になりました。

いつも行く度にこの先生は決まって「風邪ですね」。

この先生、風邪としか言わないのではないかと思うくらい、よく2人の娘は風邪をひいていました。

なにしろ、2人とも看護師さんに名前を憶えられていたくらいです。

その看護師さん、近くのスーパーでたまに会うことがあります。

会うたびに「○○ちゃん風邪ひいてない?」と娘達に声をかけてくれましたが、上の娘と下の娘とごっちゃになり、たまには2人の名前がまじりあってしまうことも(笑)

それでも、気さくに声をかけてくれるちょっぴりおばさんの看護師さんです。

2人の娘も大きくなり、最近はその小児科にはお世話になっていませんが、先日ばったりいつものスーパーでその看護師さんの姿を見かけました。

まだまだ元気そうな姿をみて、「今度孫ができたらまたお願いしますね」と心の中でそっとつぶやいていた私でした。モイストエンジェルの効果はある?

ハローワーク

長年勤めていた会社を退職して、初めてハローワークに行ったのは、30代前半くらいだから、もう20年くらい前になります。

百貨店での立ち仕事だったんですが、体力的というより、責任ある立場での精神的疲労が重なって、限界だったんですね。

結婚してもやめること無く働き、子どもが出来てからも、育児勤務制度などを活用しながら頑張ってきました。
でも、年数を重ねればそれなりに階級は上がるので、仕事と家庭の両立が難しくなっていったんです。

自分だけでなく、家族にまで迷惑かけてしまうし、ちょうど2人目が欲しかったので、退職となりました。
ところが、忙しかった生活がガラッと変わり、身体にぽっかり穴が開いてしまいました。(笑)

やらなければならない家の仕事は山ほどあるのに、1日ぼ〜っとしていたんですよね。

ある意味、燃え尽き症候群だったのかな。
これではいけないと、おけいこ始めてみたりして、リハビリ開始したんだっけ。(笑) 懐かしい・・・。

看護師をしている友達が、仕事を探しにハローワークに行ったと聞いて、昔のことを思い出したのでした。(汗)目元 のくまの化粧品